手作りなら心にガツンと響く!オリジナルの婚約指輪を贈ろう

きれいに見せるためには

カップル

指の特徴に合ったもの

沖縄でも結婚指輪のデザインは1番気になります。しかし装着したとき指輪とともに、自分の指がきれいに見えることも大切です。指がきれいに見えるためには、どのように指輪を選べば良いでしょうか。沖縄でも結婚指輪の形状にはストレートやS字、V字などがあります。きれいに見せるには、指の特徴に合ったものを選ぶことです。短くて細い指の人は、ゆるいラインのV字アームかS字アームが合います。指輪のラインが指の短さや華奢な部分をカバーして、指を長く健康的に見せます。短くて太い指の場合は、はっきりとしたV字のラインが出たものが良いでしょう。Vの形状によって、指が長くてスマートに見えます。またV字の真ん中にダイヤをつけることによって、指の欠点が目立たなくなる効果がでます。細長くて華奢に見える指には、ストレートアームが合います。華奢な部分を目立たなくさせ、女性らしく健康的に見えるでしょう。このタイプの場合、手全体のバランスを崩さないように、リングの幅を細めにしてダイヤモンドを小ぶりなものにすると良いです。長くて太めの指の場合S字アームが向いています。リングのゆるやかなウェーブが、太く見える指をスマートに見せてくれるのです。細いリングは、かえって太い指を目立たせてしまうので、個性的な幅の広いリングがよく似合うでしょう。これらを踏まえて沖縄のショップで気に入った結婚指輪があれば、実際に装着することが重要になってきます。見ただけの印象で良いと思っても、実際にはめることで印象が変わることもあるからです。沖縄でも結婚指輪を選ぶときは、自分の指の特徴をカバーしてくれるものを選ぶことで、きれいに見せることができるでしょう。